包茎手術は手術後が痛い!シチュエーション別の対処法

最近では包茎手術を受けるのも一般的になってきましたが、やはり切る場所も場所ですから不安があるという方も少なくありません。確かに手術後はかなりの痛いイメージがありますし、包茎手術当日だけではなくその後も痛みが続きます。
手術後には運動やシャワー、性行為等にも制限がかかり、幹部が痛いため日常生活にも支障が出ることもあるのです。そのため包茎手術を受ける前には手術後にどんな制限があるのか、それを防ぐためにはどうすれば良いのかということを押さえておく必要があります。きちんと手術後の対応を知り、不安を軽減させられるようにしましょう。

お風呂やシャワーは大丈夫?

包茎手術当日は絶対安静が基本で、体がべたついてもシャワーやお風呂は避けた方が良いでしょう。できれば翌日まで濡れタオルで体を拭く程度に留めた方が安心です。体を洗うのは危険ですが、洗面台で頭を洗うのであれば問題ありません。手術当日はシャワーを浴びてから手術を受けることをおすすめします。
手術後3日経ったらシャワーはOKですが、1週間は包帯を巻いたまま流して大丈夫ですが、痛いようであればビニール袋を患部に被せてから入浴することをおすすめします。傷口にはぬるま湯をかける程度で、石鹸を使っての洗浄は避けて下さい。
湯船に浸かるのは最低でも1週間は我慢して下さい。1週間経過すると傷口も少しずつ塞がってくるので、様子を見ながらの入浴になります。体が温まって血流が良くなると、患部が腫れたり熱を持ったりすることがあるため、最初はぬるま湯に入浴すると良いでしょう。
お風呂屋さんやプールは以ての外です。多くの人が入っているお風呂屋さんやプールは雑菌が多く、傷口から雑菌が入り込む可能性があります。
基本的に医師の指導に従うことが重要ですが、人それぞれ術後経過も異なります。様子がおかしいのであればすぐに相談するようにしましょう。

運動は種類によって注意が必要

手術当日はシャワーやお風呂と同様に運動も禁止です。絶対安静で体を休める必要があります。シャワーが浴びられるようになった段階でジョギングのような軽い運動は可能ですが、状態を見ながら進めなければいけません。車の運転自体は股間への刺激もないため、問題なく行って大丈夫です。
術後3週間は激しい運動は禁止です。血流が良くなりすぎて患部が腫れたり、縫合部から出血する可能性があります。球技の場合には万が一股間部分に当たった場合のリスクが高すぎるため、医師の判断に従って行った方が良いでしょう。球技以外も股間部分にものが当たる可能性が高い場合には止めた方が無難です。
運動の中でも特にサイクリング、自転車やバイクの乗車は禁止です。股間部分に刺激が強すぎるため、状態が悪化する可能性が高いのです。
手術後の痛みの出方や傷口の塞ぎ具合は人それぞれ異なります。通常であれば1週間様子を見ておけば良いと言われていても、その倍以上の期間様子を見なければいけない人もいます。痛みも数日引く人もいれば2ヵ月も長引くという人もいるのです。きちんとその時々の状態を見て、不安な場合には医師に相談してから行う必要があります。

性行為はいつから大丈夫?

気になるのは包茎手術の後、いつから性行為や自慰を行って良いのかということです。これは医師の判断に従う他ありません。不用意に性行為や自慰を行ってしまえば一生後遺症が残ったりしてしまうため、一時の我慢と思って耐えましょう。
我慢する期間は目安として3週間から1ヵ月のため、少し長いと感じるかもしれません。しかし包茎手術後最初の1週間は痛いという感覚が先行するためそこまで負担には感じないと思います。目安とされていた期間を過ぎても痛みがまだ残っているというのであれば、無理をすべきではありません。勃起も負担が大きすぎて直りが遅くなってしまう原因になるため、勃起しないように抑える必要があります。
解禁後もいきなり性行為をするのはかなりリスクが高いです。まずは自慰で勃起状態を確かめ、痛みの有無を確認します。その上で痛みもなく問題もないようであれば性行為に踏み切っても大丈夫ですが、少しでも痛いと思ったら止めて下さい。
性行為や自慰はスポーツやシャワー、飲酒等の禁止されているものよりも長く禁止されています。それだけリスクが高い行為であるということ。きちんと性欲をコントロールして早期回復を目指しましょう。

まとめ

包茎手術をすることによって陰部が衛生的になって病気のリスクも下がり、見た目も良いため良いことも多いです。しかし手術後暫くは痛みも続き、日常生活でも制限があってなかなか受けるのには勇気が要ります。
そのため手術後の制限を含めて包茎手術を受けることをおすすめします。特に厳しいのはシャワーを術後2日は浴びられないことです。夏場に包茎手術をするとかなり悲惨なことになってしまいます。
包茎手術をするクリニックも重要です。幾つかのクリニックでカウンセリングを受け、普段の行動や仕事内容を加味していつ、どこにしたら良いのかということを決めると良いでしょう。