包茎手術後に出血を伴う痛みがあればすぐに再診

包茎手術後に出血を伴う痛みがあるときの対応

包茎手術は、一般的には安全な手術と位置付けられていますが中には痛みを覚えることもあります。出血を伴ったり痛い状態が続くようであれば、すぐに再診をすることで症状を解消することが可能です。アフターフォローがしっかりしているクリニックであれば、無料で対応しているところもあります。

違うクリニックに行っても対応がわかりませんので、できれば包茎手術をした医療機関を再診するのがおすすめです。執刀した医師であれば状況がわかりやすいですし、するべき処置がわかるためスムースに対処してもらえます。

痛い症状は全ての人に出るわけではありませんが、放置しておくとより悪化してしまうケースもあるので注意が必要です。包茎手術が終わって痛いときには、手術をした医療機関を再診して診断を仰ぐのをお勧めします。そうすることで、より安心して過ごすことが出来るようになりますし術後の痛みが和らぐ処置をすることが可能です。

出血をそのままにしておくリスク

包茎手術を終えて、ほっとしたのも束の間で痛い状態が続いてしまったり出血を伴う物であった場合は、様子を見ずにすぐに受診するのがおすすめです。出血をしていなくて多少の違和感や痛みがある場合には経過観察でも良いケースがありますが、それでも痛い場合にはアフターフォローをしているクリニックならメールや電話で相談に乗ってくれます。

包茎手術にはいろいろな方法がありますが、出血が伴う痛みがあるときには何らかの異常のサインであると考えられます。そのままにしておくことで、よりひどくなることもありますし細菌の感染も心配ですのでまずは医療機関へ相談するのが安心です。

包茎手術をした病院なら、手術の種類や手順などもわかっていますしカルテもありますので、出血を止める方法や処置の仕方なども把握できているメリットがあります。24時間対応しているクリニックもありますので、早目の受診をして解消するのが良いでしょう。

まとめ

包茎手術後は、多少の痛みや違和感があるケースが少なくありません。しかし、出血を伴う痛みや違和感が続く時には早めに再診をするのがおすすめです。クリニックによっては、その日のうちに対応してくれるところもありますし、アフターサービスが充実しているところでは24時間電話で相談を受け付けています。違和感はそのうちなくなることが多いですが、出血を伴う場合には細菌感染などが起こることもありますので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です