admin_deuceweek のすべての投稿

包茎手術後のペニスに異変や痛みが続くなら修正治療の相談を

包茎手術後のペニスに異変を感じた際の対応

包茎手術は、多くの男性向けクリニックで行われていますが術中は痛いと感じなかったのに、術後に急に痛みを覚えることがあります。時間がたつと違和感がなくなることもありますが、いつまでも痛いというようなことがある場合には、修正治療の相談が必要にあるケースがあることを知っておきましょう。

包茎手術は、クリニックによってはアフターケアやフォローが無料というところもあります。あらかじめ、副作用や後遺症のリスクはカウンセリングでは知ってはいるもののこのようなサービスがある医療機関を選べば、無料で手直しをしてくれるケースもあるのでそのあたりも考慮して医療機関を選ぶのが良いでしょう。

ただし、こうしたサービスは医療機関でも異なりますので失敗した時や痛みが強いときに、どのような対応をとってもらえるのかはカウンセリングの時に確認しておくのが重要です。高い頻度ではないものの、こうしたケースが起こることがあるためです。

修正が必要ならクリニックに相談を

包茎手術を受けたものの、仕上がりに納得が出来なかったり痛い状態が続くようであれば、それは修正治療が必要なケースかもしれません。我慢をしすぎるのも良くありませんし、より悪化してしまっても危険ですので痛いと感じた時には手術をしたクリニックに相談するのが良いでしょう。

包茎手術は安全な治療として知られていますが、ペニスはデリケートな部分ですので人によっては痛いと感じることもあるのが実情です。包茎手術自体にそれほどトラブルは多くありませんが、修正が必要になることもありますので痛い場合には相談するのがおすすめです。

メールや電話でアフターケアの相談に応じている医療機関も多いですし、せっかく包茎手術をしたのですから自分に自信を持つことが出来るようになるためにも痛みがある場合には早めに対処するのがポイントとなります。無料になるのか有料なのかは、医療機関によっても異なりますので事前に確認がおすすめです。

まとめ

包茎の治療をして、後から違和感や痛みが続くようであれば修正治療が必要になるケースがあります。自分がそれに該当するのかを含めて、痛いと感じたらまずは治療をしたクリニックに連絡と相談をするのがおすすめです。時間がたつと自然に収まることもありますし、追加で治療する必要があることもあります。アフターフォローは有料なのか無料なのかは、クリニックによっても異なりますので事前に確認しておくこともカウンセリングでは重要です。

包茎手術後の排尿の痛みがつらい!トイレのコツ

包茎手術の痛みなどへのケア

包茎手術で患者さんにとって不安が大きいのは、痛い思いや術後の痛みではないでしょうか。包茎手術の時間はおおむね1時間程度、局所麻酔を行うので手術中の痛みへの心配はほとんどありません。局所麻酔で意識はあるので、仮に痛いと感じたときはその旨を医師に伝えれば麻酔を追加してくれます。麻酔の効果持続時間は薬により違いはありますが、長時間タイプでは5-6時間ほどは効果が持続します。麻酔が消えた後は、痛いときには処方された鎮痛剤でコントロール可能です。多くの場合は我慢できるほどの痛みですが、無理に我慢せず鎮痛剤を活用するのが賢明といえます。
包茎手術の結果、これまであった包皮がなくなっているので、排尿しても方向が一定しない場合があります。手術直後は手術部位は包帯で保護されていますが、尿が手術部位に直接付着すると刺激になって、痛い症状を感じることもあります。そのため術後抜糸するまでの間は、便座に腰かけて排尿することをお勧めします。

包茎手術後の過ごし方のポイント

包茎手術の後は術後2日目までは包帯で保護したままで過ごします。傷口が安定するまで二日間はシャワーの使用は控えてタオルで体をふくことをこころがけてください。3日目からはシャワーを浴びることができますが、頭や体を洗った後に包帯をゆっくり外します。刺激をくわえると痛みを自覚することがあるので、ぬるま湯で手術の糸周辺を30秒ほどかけて洗浄しましょう。洗い終わったらペニスをタオルで拭いて、新しい包帯を巻けば終了です。
4日目から7日目までは包帯をつけたまま、シャワーを浴びます。湯術後の傷は1週間ほどで安定化するので、この時期は特に丁寧に洗うのがポイントです。腫れや注射部位の変色もこの時期から目に見えて改善してきます。8日目以降は包帯を外して生活することが可能になり橋のタイミングとなります。セックスなどは術後14日ほど経過すれば問題ありませんが、それまでの期間は勃起するなどは痛い症状の原因になるので、気分をそらせることも大事です。

まとめ

包茎手術では局所麻酔を行うので、術中の痛みの心配はありません。ただし術後は麻酔が切れてくると痛みが出ることがあり、特に排尿時には手術部位に尿が飛散して付着すると痛い思いをすることになります。痛みに対しては鎮痛剤を活用したり、便座にすわって排尿時のコントロールをしっかり実践するように心がけましょう。包茎手術後3日目からはシャワーが可能ですが、包茎手術部位が安定する1週間までの間のケアは特に入念に行うのが速やかな回復のポイントです。

包茎手術後に出血を伴う痛みがあればすぐに再診

包茎手術後に出血を伴う痛みがあるときの対応

包茎手術は、一般的には安全な手術と位置付けられていますが中には痛みを覚えることもあります。出血を伴ったり痛い状態が続くようであれば、すぐに再診をすることで症状を解消することが可能です。アフターフォローがしっかりしているクリニックであれば、無料で対応しているところもあります。

違うクリニックに行っても対応がわかりませんので、できれば包茎手術をした医療機関を再診するのがおすすめです。執刀した医師であれば状況がわかりやすいですし、するべき処置がわかるためスムースに対処してもらえます。

痛い症状は全ての人に出るわけではありませんが、放置しておくとより悪化してしまうケースもあるので注意が必要です。包茎手術が終わって痛いときには、手術をした医療機関を再診して診断を仰ぐのをお勧めします。そうすることで、より安心して過ごすことが出来るようになりますし術後の痛みが和らぐ処置をすることが可能です。

出血をそのままにしておくリスク

包茎手術を終えて、ほっとしたのも束の間で痛い状態が続いてしまったり出血を伴う物であった場合は、様子を見ずにすぐに受診するのがおすすめです。出血をしていなくて多少の違和感や痛みがある場合には経過観察でも良いケースがありますが、それでも痛い場合にはアフターフォローをしているクリニックならメールや電話で相談に乗ってくれます。

包茎手術にはいろいろな方法がありますが、出血が伴う痛みがあるときには何らかの異常のサインであると考えられます。そのままにしておくことで、よりひどくなることもありますし細菌の感染も心配ですのでまずは医療機関へ相談するのが安心です。

包茎手術をした病院なら、手術の種類や手順などもわかっていますしカルテもありますので、出血を止める方法や処置の仕方なども把握できているメリットがあります。24時間対応しているクリニックもありますので、早目の受診をして解消するのが良いでしょう。

まとめ

包茎手術後は、多少の痛みや違和感があるケースが少なくありません。しかし、出血を伴う痛みや違和感が続く時には早めに再診をするのがおすすめです。クリニックによっては、その日のうちに対応してくれるところもありますし、アフターサービスが充実しているところでは24時間電話で相談を受け付けています。違和感はそのうちなくなることが多いですが、出血を伴う場合には細菌感染などが起こることもありますので、注意が必要です。

包茎手術後の腫れや痛みがある期間と対処法

包茎手術直後から3日間くらいは痛み・腫れが激しい

包茎手術をした後は、ある程度の痛みや腫れを覚悟しなければいけません。包茎手術をしている最中は局所麻酔がなされますから無痛ですが、麻酔が切れてくるとズキズキと患部が痛みはじめるでしょう。ペニスは包帯でぐるぐる巻きにされていますが、しばらくは出血も続きますし腫れていて痛いです。一番苦しいのが手術直後から3~4日目あたりまでです。この期間はずっとペニスがズキズキと痛むので、かなり不快感があるかもしれません。
この期間をやり過ごすと、だいぶ楽になってきます。3~4日目くらいからはシャワーも可能になりますし、包帯を取り替えることもできます。このあたりで、患部に異常な腫れなどがなければひと安心です。もし異常があった場合は、すぐにクリニックに連絡した方がいいかもしれません。包茎手術を受けてから1週間ほど経てば、だいぶ腫れも痛いのもおさまってくるはずです。10日から2週間程度経てば、ほとんど傷は治っており元通りの生活ができるようになります。3~4週間程度経てば、性行為も可能になるでしょう。

包茎手術後の痛みの対処法

包茎手術をした後は腫れや痛いのに耐えなければいけません。とくに包茎手術直後から3~4日目くらいまでがピークになるでしょう。なるべく痛い思いをしないようにするための対処法としては、まずはクリニックで処方される痛み止めの薬を飲むことです。薬を飲んだからといって痛みが完全に消えるわけではありませんが、多少の気休め程度にはなります。麻酔が切れる前から一つ飲んでおくといいかもしれません。
安静にしているということも重要です。包茎手術後は入院などは不要で自由に動くことができ、仕事などをしてもかまいませんが、理想は家でゆっくりとくつろぐことです。仕事をしていると、患部をどこかにぶつけてしまうかもしれませんし、動いていると患部が擦れて痛い思いをしてしまうこともあります。環境・時間が許すなら家でゆったりと過ごしましょう。ちなみに、ペニスの勃起を引き起こすような事は避けなければいけません。傷口が塞がっていないのに勃起すると痛いです。勃起を誘発するようなものは身の回りから遠ざけましょう。

まとめ

包茎手術をしたら、腫れや痛みが襲ってくるのは避けられません。手術をしてから3~4日くらいまでが痛みが一番酷いでしょう。10日ほど経つとだいぶ楽になってきますし、半月くらい経てばほとんど完治しているはずです。痛みや腫れへの対処法は、クリニックで渡される痛み止めの薬を服用して、家でくつろぐのが最善です。外で仕事をしたりすると、手術箇所が擦れたりして痛い思いをするかもしれません。テレビを見たり音楽を聴いたり、読書をしたりしながら穏やかに生活しましょう。